2008年09月20日

公演とか

バーです。

昨日の劇団雪月花様公演はいかがでしたでしょうか。

バーは今後、雪月花様に脚本を書くことはありません。

つまり今回の脚本は、バーが劇団雪月花様に贈る、最初で最後の脚本でしたので見たかったのですけど、バーが公演があることを知ったのは今日でした。いきなりすぎです。

そんなわけで、劇団雪月花様公演後に行おうと思っていたプライベートイベント「バーの脚本講座」は消滅しました。これを受ければきっと脚本が書けるという内容にまとめてありましたけど、封印します。ああいう脚本が書きたいと思っていた人が万が一いらっしゃったら運が悪かったとあきらめてください。恨むなら天を恨みましょう。


ユキとハナは、昔から姉妹のように仲良しでした。同じアパートに住み、同じ幼稚園に通い、同じ小学校に通い、同じ中学に通い、高校も同じ。
ツキは小学校のときに転校してきました。
同じアパートのよしみということもあって、ユキやハナと仲良くなり、何をするのも3人一緒でした。
同じ中学に通い、高校も同じ。
ユキは、そんな関係がずっと続けばいいと思ってました。
でも、ハナとツキは違ったのです。
「実は、付き合うことになったんだ」
それは突然でした。
ハナとツキが付き合うことになったことにユキは喜びました。
喜ぼうとしました。
でも、ユキは自分の本当の気持ちに気づいてしまったのです。
ツキが好きだったことに気づいてしまったのです。

ハナとツキが楽しそうにしているのを見るのが辛くて、ユキは二人から距離を取るようになりました。
ハナもツキも、ユキがなぜ距離を取ろうとするのかわかりません。
だから、何度も遊びに誘ったりしました。
でも、あまりに断られるので、そのうち誘わなくなりました。
ユキは、自分の本当の心を誤魔化すために、荒れていきました。

そんなユキに目をつけたのが、ダンとゲキでした。
この2人のせいで何人の女が泣いたのか。
そんなダンとゲキは言葉巧みにユキに近づいていきました。
心が壊れそうだったユキは、簡単に引っかかりました。
ユキは散々もてあそばれた挙句捨てられてしまうのでしょうか。

そんな5人の関係と距離を図にすると、こうなります。





















setugekka.PNG
posted by バー at 16:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 普通に思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いくつか観劇されたサイト様を見て回りました。
皆様、バーの「方程式」を楽しんでいただけたようで何よりです。
脚本なんて、劇団でも劇団員のためでもなく、お客様をいかに喜ばせるかのためにあるのです。
それ以上の理屈なんか、どうでもいいのです。
Posted by チョコレートバー at 2008年09月24日 22:30
お久しぶりです 記事とは関係のないコメント失礼します。ブログを削除しましたがゴーストが居座ってます(限りなくファンシーな)お手の空いた時にでもリンクの削除をお願いしに参りました。昔のような更新頻度を保てないとは思いますが別の場所で続けていく予定ではいますので、たまに遊びに来てくれたら嬉しい限りです。バー様にはバナーを作って頂いたり良くして頂いたのに申し訳御座いません。長文失礼しました。
Posted by がるり at 2009年01月23日 09:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。