2007年03月06日

野良亭とか

野良亭店長バーデスなのら。
nora1.JPG
な和風喫茶野良亭は、スワンプに引っ越しましたのら。
やっぱり
nora2.JPG


野良亭といえば豊富な料理と豊富な酒、その全てが時価というのが売りなのら。今日は人気のメニューと新メニューを紹介しますのら。
まずは人気のメニューなのら。
・きつねうどん(時価)
 店長手打ちのうどんと霜降りきつね肉を、熱々で召し上がる逸品なのら。ありえないくらい人気の商品なのら。このメニューは材料(http://513.blog.shinobi.jp/)の有無によって出来るときと出来ないときがあるのら。出来るか出来ないかは店員に聞いてほしいのら。
・手焼きせんべい(時価)
 飛騨の職人が丹精を込めて焼いたせんべいなのら。お茶と合わせていただくのら。飛騨はタバスコ火山の西にある山なのら。
・小魚の唐揚げ(時価)
 獲れたての小魚を10匹、唐揚げにしたものなのら。ビールにも日本酒にも焼酎にも合うのら。ワインは止めておいたほうが無難なのら。

次は新メニューなのら。
・エスカルゴのバター焼き
 地元の素材を生かしたのら。シェリーや白ワインと一緒にどうぞなのら。日本酒や焼酎のときはバター醤油焼きにするのら。当店では遺伝子組み換えジャイアントカタツムリや養殖のマイマイは一切使用していませんのら。
・カモノハシのテリーヌ
 地元の素材を生かしたのら。赤ワインや日本酒と相性がいいのら。カモノハシのモモ肉をマリネして叩いたものを炒め玉ねぎや卵等と混ぜて焼いて冷やしたものなのら。手間がかかってる分だけの味はするのら。
・田鶏の足のフリット
 地元の素材を生かしたのら。味が淡白なのでどんな酒でもいけるのら。特にビールに合うのら。フリットはベーキングパウダー入り天ぷらみたいなものなのら。
・蓮の実の素揚げ
 地元の素材を生かしたのら。日本酒焼酎ビールだけでなくブランデーにもウィスキーにも合う優れた素材なのら。ナッツ感覚でどうぞなのら。
・フォアグラ・ド・マイコニド
 まだお出しできないメニューなのら。現在マイコニドの毒抜き&フォアグラ作成中なのら。

追加されるのが洋物と酒ばかりで和風喫茶じゃなくなりつつあるのは、気のせいなのら。ちゃんと大福・団子・おしるこ・ぜんざいのような甘いものも用意してるのら。お茶も各種取り揃えてるのら。
和風喫茶野良亭はいつ開くか不明なのら。
開くときは平日22:00ごろ〜23:30(ラストオーダーだいたい23:15)にメロディ鯖で、絶賛閑古鳥中なのら。いつまで続くのかも不明なのら。
posted by バー at 09:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
・・・これは、畳カーペットをわざわざ一枚一枚敷き詰めた本畳敷き!凝ってますね^^。狐で行ったら共食いになってしまうかな?今日は多分死んでるので明日にでもお邪魔しに行きます。
Posted by たま at 2007年03月06日 11:22
昨日はどうもでした。
なかなかワビサビの風情の喫茶店ですね。キビキビした応対がおもしろかったです^^。(実は、注文するのにも緊張してました。)
Posted by たま at 2007年03月09日 00:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35331218
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。