2006年12月11日

IAとか

バーです。
のーみそメンテナンスの結果、致命的な不具合が見つかりました。でも対応はせずに放置します。それがTSクオリティです。

TSにはIAというのがあります。
IAというのはアメリカ合衆国のアイオワ州の略だったり、インターネット対応炊飯器やインターネット対応ポットのような情報家電(Internet Applience)でユビキタスが超漢字だったりしますけど、TSのそれとは違います。もちろん、IAIAハスターハスタークフアヤクブルグトムブグトラグルンブルグトムアイアイハスターとか唱えてビヤーキーを召喚したりするなんてもってのほかです。
IAはアイテムアートと言いまして、いらないアイテムを捨てる際に、ただ捨てるだけじゃ能が無いので適当にそれっぽい位置に捨てれば何か深い意味がありそうと勘違いしてくれて、あまつさえ褒めてくれる人まで出てくれるという状況から発生した、TSのアートです。
IAの発祥はわりと新しく、少なくともクローズドベータの頃にはカバリア遺跡で、ポールの陰謀によって大量に発生した合成廃棄物の処理に困った紅葉さんの手によって始まったと言われています。別の説もありますが知ったことではありません。
そして、当時のIAは大きく分けて2つの派閥がありました。
1つ目は、ひたすら丁寧にIAを作成する、技巧派。
2つ目は、何とか見られればいい、あとは想像力で補ってもらう、手抜き派。
3つ目は、その中間派。
4つ目は、ルビーとかルビーとかダイヤモンドとかルビーとか色々なアイテムを組み合わせる、アート派です。
これらの派閥がお互いに争ったりはせずに、おまけに派閥分けも私が今、勝手に行ったものなので、たとえば紅葉さんは技巧派、よーこさんは中間派に属していました。そして私は一人で手抜き派を突き進んでいました。まだひつぢになる前のことです。
最盛期には、限られたカバリア遺跡スペースで競合が発生し、またそのレベルが上がりすぎたため、誰もいないウプス港で練習を重ねてからカバリア遺跡で発表という、ただの遊びのはずが競技化してしまうのは本末転倒なのではないかと思ったり思わなかったり、下手だからといってブーイング食らうわけでもないのに練習するのは、上手い人に横でIAされると恥ずかしいからという心理が働いてみたりしました。
さて、このうち技巧派は、時間との勝負だったのですけど、数字入力が全角になるというTSの仕様変更によってアイテムドロップしにくくなったため、壊滅しました。今は見る影もありません。
中間派もまた、仕様変更の影響で壊滅しました。今は見る影もありません。
アート派は、IA完成前にドロップアイテムを拾う行為が横行した結果、壊滅しました。今は見る影もありません。
唯一私しかいない手抜き派だけが残ったのですけど、私がIAに飽きたため、これまた壊滅しました。今でも時々見ることができます。
そんなわけで、TSにおけるIAは伝説と化し、時々誰かがIAを行っては拾われるということを繰り返しているのでしたとさ。どっとはらい。
posted by バー at 21:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 伝説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

清く正しく美しいとか

バーです。
画像が無いと人気が出ないと言われました。
いまさら人気が欲しいわけではありませんが、今日は画像入りです。

以前によーこさんが、一般クエだけで何レベルに達するかを計算されたことがあります。
http://yohko.seesaa.net/article/16722946.html
それによると、56LVで打ち止めだそうです。
そこからイベントも増えましたので、もう少し上のレベルまで行くようですが、57LV程度で止まるものと思われます。
ここにドリルが加わったらどうなるでしょうね。

さて、バーのサブとしては辻リカバーがおりますが、実はもう一人、隠れサブがおります。
種族はライオンです。
ライオンは今のところ龍のように女の子説は出ておりません。
ライオンが実は女の子だったりすると、ショタ系から悲鳴が上がってTS離れが加速します。
同じ理由で龍が女の子ですと、龍×獅子(獅子×龍でも可)が成立しなくなります。
意味がわからない人は近くの女の人に聞いてみてください。
きっと攻めと受けについて貴方の知らない世界にいざなってくれます。
他の種族は耽美ではありません。
特に牛×狸となると、これは薔薇族の世界です。
これは大変困ります。

・・・話が脱線しました。
危なく200行くらい語るところでした。

とにかく、ライオンは男の子です。
さて、オスのライオンというのは、どんなものかと言いますと、ありていに言うならヒモです。
狩りも子育てもメスに任せっきりで、それでも一番最初に獲物を食べます。
それが正しいライオンのオスの姿です。

そういうわけで、彼は今までモンスターを一匹たりとも殺したことがありません。
一般クエとドリルだけでレベルを上げ続けたのです。

これが現在のライオンのクエ状況です。
続きを読む
posted by バー at 13:03| Comment(3) | TrackBack(0) | 伝説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

ギルドとか

バーです。
あやうく三日坊主になるところでした。

私は現在ギルド入ってないんです><
でも、かつて、二度ほどギルドさんに入っていたことがありました。
初めのギルドさんは、主要メンバーがアニメ版セーラームーンをリアルタイムで見ていなかったというジェネレーションギャップに耐えられなくなって、抜けました。
そのあとはしばらくギルドなしで過ごしていましたが、GVが盛んなギルドさんに拾って貰えたことがありました。

当時若かった私は、シャワーオブアローすら使えませんでしたので、あらかじめ「リカバしかできませんよ?」と断ったのですよ。
それでも構わないから、というので、入ったのです。
そして、その日のうちにGVがありました。
初めてのGV。

私は事前に告げたとおり、リカバしかしませんでした。
ひたすらリカバでした。

敵味方問わずに。

GV戦が終わった後、なぜかギルドを追放されていました。

今にして思えば、若気の至りというか、自分の愚かさを悔やみます。
続きを読む
posted by バー at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 伝説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。